文字サイズ変更大 中 小

伊万里有田共立病院 女性活躍推進行動計画

豊かでより多くの女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間
  令和4年4月1日 ~ 令和8年8月31日

2. 課題
  管理的地位に占める女性職員については、看護部門は女性職員の割合が高いが、医療技術部については、
25%(令和4年3月現在)と低い状況にあり、女性人材の層を厚くしていくことが必要となっている。
有給休暇の取得率は平成30年は、37.9%と増加傾向だったが、現在、コロナ患者対応の影響もあり、
令和2年の実績は、30.1%と僅かながら減少してきている。
このため、今後、働きやすい職場づくりのために業務の効率化・標準化をさらに進め、雇用環境の改善を行う必要がある。

3. 目標と取り組み内容・実施期間

  

目標1:薬剤部、事務局及び医療技術部の管理的地位(科長及び室長以上)に占める女性比率を50%以上とする。
 <取組内容>
  令和4年 4月~ 家庭状況などの配慮を行い、次期候補者の育成のため、
           管理能力向上へ向けた配置や意識付け、研修等を行い、
           女性が活躍できる、働きやすい職場環境を作り上げる。
  令和5年 4月~ 管理能力向上へ向け、指導力が必要とされる業務への配置を図る。


目標2:職員の有給休暇取得率を40%以上にする。
<取組内容>
  毎年 4月~ ・各部署において問題点の洗い出しを行う。
         ・取得しやすい体制、職場環境づくりに努める。
          ・定期的に有給休暇取得状況を把握し、取得が進んでいない場合、
          管理職からの意識啓発を図る。


メニュー
病院からのお知らせ
メニュー